エディーHCの発言にサッカーファン激怒『メッシとロナウドを舐めるな』

ラグビーのエディージョーンズヘッドコーチ、通称エディーHCがラグビーの素晴らしさを世間に伝道するつもりが、行き過ぎた表現で他競技のファンからヘイトを集める事態になっていました。

エディーHCの発言。

「この大会を見るだけでも、その実例がある。他のスポーツでは起こらないことが起こっている」

「カナダの選手が(台風19号<アジア名:ハギビス、Hagibis>の影響でナミビアとの試合が中止になった後)片づけを手伝ったのは知っているだろう」「バルセロナやレアル・マドリードが台風の被害に遭ったとして、ロナウドやメッシが同じことをするところを想像できるだろうか

メッシとロナウドがまるで慈善的な活動をしないかのような言い回しになってしまいました。ラグビーの信念たる「お互いを尊重し合う」を伝えたかったんだと思いますが、他競技をダシにした表現が広く受け入れられることは少ないです。

 

エディーHCとラグビーファンは汚れた心を掃除するべき

今回ラグビーワールドカップが異常な盛り上がりを見せたことはスポーツファンにとって喜ばしいことですが、エディーHCと一部のラグビーファンのラグビー以外のスポーツを下に見た発言はうんざりです。

エディーHCはまず自分も競技場の片づけを手伝ってから言ってほしいですね。そしてその汚れた自分の心も一度清掃するべきです。

特にイングランドではサッカーは労働者階級、ラグビーは富裕層のスポーツという意識があるので、日本人のラグビーファンが発する他競技軽視の発言とは違って、差別的な意図も感じてしまいます。ラグビーが本当に紳士のスポーツなら今後気を付ける必要があるでしょう。

 

エディーHCとは

ラグビーイングランド代表のヘッドコーチです。ちなみに以前しばらく日本代表のヘッドコーチを務めていたことがあります。2015年ワールドカップも当初は彼が率いる予定でしたが、急遽退任し違う意味で日本の躍進に一役買ってくれました。

この方。日本人とオーストラリア人のハーフで嫁さんも日本人です。日本代表ヘッドコーチ退任時には、

「今大会は今後集められないほどのタレントが集まったが、今のままでは駄目だ。私が退任することを決めた理由もそこにある。現状維持で2019年W杯で準決勝へ進出できると思ったら甘い」

と日本を見放したかのような発言もしていました。(葉っぱをかけてくれたとも解釈できますが)

とにかくまあ癖が強い方なので今回はそれが裏目に出てしまった感じですかね。

 

ネットでの批判

野球を馬鹿にするな!

ウルグアイの代表が熊本の飲食店で暴れて警察沙汰になったりと、一部ラグビー選手はおかしいですが多くの選手たちは物凄く紳士で応援したくなります。(一部の人間がおかしいのはラグビーやスポーツ界に限った話ではありません)

ということでラグビー自体は好きで今後市場が大きくなればと思っていますが、ラグビーワールドカップ2019の高視聴率を盾に、主に野球やサッカーにマウントをとろうとする流れに関して不快感を感じる方の気持ちが分からなくもないです。

サッカーはまだいいです。それはメジャー競技に対する嫉妬の裏返しでよくある構図です。しかし野球は人気が右肩下がりでラグビーファンの煽りをいなす余裕がもうないんですよ。そこはラグビーファンにもわかって頂きたいです。今現在メジャーリーグのワールドシリーズを気持ちよく見ているので、せめて野球の悪口は11月のオフシーズンになってからでお願いいたします。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)