村上宗隆の本塁打は神宮の恩恵?松井秀喜とどっちが上?ヤクルトの主砲

ヤクルトに所属する村上宗隆選手が、清原和博が持っていた10代の最多本塁打記録31本を塗り替える32号ホームランを広島戦で放ちました。現在ヤクルトはリーグ戦最下位独走中ですが、村上宗隆とトリプルスリー山田哲人の存在はファンにとって数少ない光となっているはずです。

しかし一部では神宮が狭いから打てているだけという、やや批判的な声がないこともありません。近本光司との新人王争い、村上宗隆の凄さや松井秀喜との比較について考えてみます。

 

プロ野球ファンの反応は

投手は高卒後すぐに活躍する選手が少なくないですが、野手でしかも長距離打者となるとかなりレアケースなので、それが分かっているプロ野球ファンにとっては、ようやく清原和博を超えるような打者が現れたと大きな希望の星となっています。

村上宗隆といえば同じ年のドラフトでは日ハムが指名した清宮幸太郎が話題を独り占めしていました。当時は指名権を獲得した木田優夫が良くやったとファンに賞賛されていましたが、時は変わり、現時点では村上宗隆を獲得したヤクルトこそがドラフトの勝ち組へとなっています。

 

村上宗隆と近本光司はどっちが新人王に?

近本光司は阪神に所属する社会人上がり1年目の選手です。大卒や社会人上がりになると高卒ルーキーとい年齢が4.5歳違うので、高卒選手の方がその環境の変化の度合いはより顕著であるはずです。

しかし一方で村上宗隆はプロ入り2年目なので、ここについてはどちらにもケチをつけるファンはいるようです。

 

warでは近本光司が上だが‥

そして新人王にどちらが相応しいかですが、やはり現時点では村上宗隆の一択だと思います。実はwarでは近本光司の方が僅かながら上なので、言われているほど近本光司が劣っているわけではないどころか、単純に数字で選ぶなら近本光司の方が新人王に相応しい状況です。

とはいえ清原和博越えというインパクトに比べれば微々たるものですし、新人王は数字だけで選ぶ賞ではないので、いくら阪神お抱えの記者による投票といっても、ここまでメディアで騒がれるとさすがに村上宗隆が新人王に輝くはずです。

高卒2年目で30本100打点(打点は予定)は並大抵のことではありません。

 

ホームランは神宮のおかげ?

神宮球場は他の球場に比べ突出して狭いことで有名です。

パークファクターに関しても2018年度はリーグ平均よりも1.78倍も本塁打が出やすいデータが出ています。今季だけは東京ドームに1位の座を譲っていますが、基本的には毎年セリーグトップのヒッターズパークとして得点を量産しています。

実際に村上宗隆のOPSもホームが9割越えであるのに対し、ビジターでは6割台と露骨にPFの煽りを受けている打者といるでしょう。

しかしながら本塁打に限っていえば、ホームで17本ビジター14本と決して神宮球場限定のホームランバッターというわけではありません。打率やOPSこそまだ広い球場で苦戦していますが、ホームランは打てています。

というわけで一部で言われているように神宮だからと卑下することはないと思っています。

 

打率が低すぎる件

本塁打こそ打てていますが、打率は.229と埼玉西武ライオンズの中村剛也以上の偏りぶりです。ここまでの特化タイプはMLBのアダムダン並じゃないでしょうか。

打率が低くとも出塁率があれば問題ありませんが、現状は出塁率も.323とスラッガーにしてはやや低い数字です。OPSは.804でセリーグ14位、パークファクターや守備指標も考慮したwarに至ってはセリーグで22位ですので、文句なしにトップ選手というには欠けている要素が多くあるのも事実です。

といっても「本塁打が打てる」打者は本当に貴重ですし、選ばれた人間にしか成すことはできません。T岡田のように若くして長距離打者として認められながら伸び悩んだ選手もいますので、村上宗隆も成功が約束されているわけではありませんが、可能性は無限です。

 

松井秀喜超えはあるか

長距離打者としては近年ナンバー1といえる松井秀喜の2年目には今一歩及ばない数字です。(松井は2年目のOPSが.843で更に彼はパークファクターの影響を受けないパワーを持っていました)

松井秀喜は3年目は伸び悩みましたが、4年目に覚醒しOPSで10割越えを達成してレジェンドプレイヤーへ一歩足を踏み入れました。村上宗隆が今後松井秀喜の域に到達するには「打率を上げる」「更に本塁打数を増やす」この2つが必要になってきます。

村上宗隆は188cmという体のサイズもありますし、ヤクルトがクソ雑魚球団というのもこと村上宗隆個人にとってはプラスに働くでしょう。決して簡単ではありませんが非常にロマンある打者であることは間違いありません。ここは期待して数年間村上宗隆に注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)